CoCreのワークショップは、ワークショップ初心者こそ楽しめる!?

「アイディエーション」とか「ワークショップ」と聞くと、自分がその場でどんな発言をすべきか戸惑う人もいるかと思います。ワークショップのテーマとなっている業界や商品に対して詳しい知識を持っている訳ではないですし、いきなり知らない人たちの前で意見を言うことに少し抵抗がある人も少なくないのではないでしょうか。

そもそも、ワークショップに参加したことがある人自体、なかなかないのかもしれませんね。実際、過去のCoCreでも「ワークショップに参加するのは初めて」という人もたくさんいました。そこで今回は、「CoCreのワークショップって実際どんなことを話すの?」ということや、「どんな風に楽しめばいいの?」という疑問にお答えしようと思います!

簡単に一言で言ってしまうと、CoCreのワークショップは「気軽におしゃべりができる場」です。専門的な知識や、マーケティングや商品企画の観点で話をしてもらうということはありません!「私はこういうのが好きだな」だったり、「自分だったらこんな風に使っているかな」というノリで皆さんには意見を出してもらっています。

DSC_0657

例えば、前回の「LPSA×CoCre」では、「お風呂ではリラックスしながら考えることができるし、お風呂のタイルを将棋の盤にして詰将棋したらいいんじゃない?」というような意見も出ていました。確かに、リラックスした状態の方が、案外簡単に問題が解けてしまうかもしれないですね。でも、分からなさすぎてのぼせてしまうのには注意が必要です!

今挙げた例のように、自分自身の生活スタイルに当てはめて、「こんなのあったら面白そう!」という視点で意見を出すだけで十分なんですよ。CoCreでは、ものすごく難しいテーマに対して論理的に意見を交換するというのではなく、気軽に集まった参加者同士で楽しく会話をしてもらう場なんです。そういう意味では、CoCreのワークショップはワークショップ初心者向き、と言えるのかもしれません。

でもそれで大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、ご心配なく。皆さんが何気なく話してくれたなかから、達人や企業は今後の取り組みのヒントを得ることができるからです。皆さんには、思う存分CoCreのワークショップを楽しんでもらえるといいな、と思います!

ワークショップ実施後も、こくレポとして発信しています。自分が参加したワークショップがどんな風に「カタチ」となっているのか、ぜひ確認してみてくださいね☆過去のこくレポはこちらから!