共創って?

10402811_636613636466523_5455332286765510324_nこんにちは。記念すべき1回目のブログに指名された高橋です。何を書こうか迷ったのですが、初回ということで、CoCreのキーワードである「共創」について。

CoCreは「共創プラットフォーム」と名乗っていますが、共創っていったいなんでしょう? 共創 — そのまま読むと「共に創る」ことですが、もう少し紐解いてみましょう。

商品開発・改良や新サービスの開発、もしかしたらまちづくりや政策課題の発見、そういった業務のことを事業者や行政は日々うんうん唸って考えています。新商品を出しても生き残るのはごくごくわずか、そんな厳しい競争の世界です。
では、新商品が生き残るにはどうしたらいいのでしょうか。この問いに対する必要十分条件を挙げることができればきっと弊社はウハウハなのですが、残念ながらそう簡単なお話ではありません。ただ、1つ自信を持って挙げられる必要条件は、「その新商品(サービス…などなど)は、顧客にとって価値がある」というものです。価値のない商品は、一過性のブームに乗っかることはあっても、持続的に成功することはないと考えています。

CoCreの掲げる共創は、顧客にとっての価値を顧客である生活者と共に創っていこう、という意味を持っています。ですから、商品そのものを創るというのではなくて、その商品によって得られる価値を創ることに主眼を置いています。もちろん、参加される生活者の皆さんは、その道のプロフェッショナルではありません。共創というのは、生活者から価値を教えてもらう場ではなくて、生活者といっしょに考えながら価値を創りあげていく場です。

ではどうやって生活者と企業・行政がいっしょになって価値を創りあげていくのか。それはおいおいこのCoCreブログを通じて紹介していければと思います!

CoCreをどうぞよろしくお願いいたします。