「LPSA×CoCre」つながり編 (学ぶ場)

開催概要
[ 開催日時 ]2015年6月27日(土)
第1部:「学ぶ場」10:00〜12:00
第2部:「創る場」13:00〜16:00
[ 定  員 ]第1部:50名 第2部:16名
[ 開催場所 ]神戸商工貿易センタービル(神戸三宮駅近く)
[ 参加費用 ]1,000円 ※ お持ち帰りいただけるお土産、準備します!
[ トピック ]将棋 日本文化 つながり

皆さま、つながり編(1部)にご来場いただきありがとうございました♪

DSC_0497

つながり編は、島井咲緒里女流二段・鹿野圭生女流二段・船戸陽子女流二段の3名です!プロの女流棋士の方のお話を、ごく間近で聞ける機会ってあるでしょうか!? いや、ないでしょう!!

DSC_0499
(左から順に、船戸陽子女流二段、島井咲緒里女流二段、鹿野圭生女流二段)

DSC_0484

レベル別に合わせて将棋を指す時間もありました☆小学生のお子さんから、年配の方までみんな真剣な顔で将棋を指していましたよ。窓からの景色もキレイですね!

DSC_0522

「サッカーの応援している人って、別に自分ではサッカーをしたことがない人でも観てて楽しめるでしょう? 将棋も一緒なんですよね」という参加者からの意見。「うん! 確かに!」って納得しました。将棋をまったく指したことがない私も、ほかの人が将棋を指しているのを観ているのはとても楽しかったです。

DSC_0542

こちらは、ルールは知っているけれども将棋をあまり指したことがない人向け。初心者向けの将棋セットってあるんですね。動き方を学んだ私も、次はこれで将棋を指してみたいです!

DSC_0529

参加者の皆さん、いい表情ですね☆

将棋の動き方も全然知らない!という人(実は私もその1人です)は、島井咲緒里女流二段から教えてもらいました。プロの方に、ゼロから将棋を教えてもらえるなんて、なんて贅沢!!
DSC_0570

「えっと、銀の動きはこれで……」と私も確かめながら、とっても分かりやすく教えてもらいました。

DSC_0579

今まで将棋にほとんど触れたことのない私には、将棋って何だか敷居の高いイメージで、気軽にはできないんじゃないかと勝手に思っていました。でも、実際にやってみると、誰でも気軽に楽しめるものなのだと気付かされました。

「将棋って、相手の言い分も聞きつつ、自分のやりたいことをやる。これってまさにコミュニケーションですよね」という鹿野圭生女流二段の言葉。というのも、将棋をさしている間、一人の人と向き合って「あなたはこうしたいだろうけど、私はこうしたい」そんなやりとりをずっと続けているんだそうです。将棋を指したら、なんか親しみが湧いてくる、というのも何となく頷けますよね。

私も、普段の生活を思い返してみても、親しい人であっても、長い間面と向かってコミュニケーションを取り続けることってなかなかないなぁ、と実感しました。将棋を指している方が、愛想だけ振る舞って適当に会話してしまうよりも、ずっとずっと相手のこと理解できるのかもしれないですね。

単純に同じ時間を共有した、というだけではなく、将棋を介して互いに意思を伝えていくからこそ、将棋のつながりの輪は広がっていくのかもしれません。今まで話したことのない人とも、将棋を通してならつながれる! そんな将棋の魅力を感じた1部でした。

DSC_0541