「岳蛸×CoCre」<創る編>

開催概要
[ 開催日時 ]2015年3月4日(水)
[ 定  員 ]12名(集まり次第締切)
[ 開催場所 ]株式会社ホジョセン本社(神戸市東灘区御影)
[ 参加費用 ]500円(材料費として徴収させていただきます)
[ トピック ]商品開発、ターゲティング、広告

11001897_636564946471392_7090987232248592844_n
学ぶだけはなく、その学びを活かして創る(アウトプットしてみよう)というのが、こくりのもう一つの特徴です。今回のこくレポでは、たこ焼きの新トッピングと商品コンセプトをどうやって創りだしたのか?<創る場>を紹介します。

 

<創る場>

◯たこ焼きのトッピングをつくる

何と言っても、美味しいたこ焼きに好きなトッピングをのせて食べてみるという作業は非常に盛り上がりました。今回、最も人気を集めたトッピングは、「塩こんぶねぎマヨ」です。(ちなみに私のグループが作りました。はっはー。)たこ焼きに塩こんぶ、という珍しい組み合わせですが、塩とマヨネーズの組み合わせ、そしてネギの食感が素晴らしかったです!

惜しくも投票では2位でしたが、渡邊様が「これは想像もできなかった!」と絶賛されたトッピングが「にばたま(にんじんドレッシング・バジル・タバスコ・マヨネーズ)」です。にんじんドレッシングやバジルを利用した、イタリアンな味わいが、たこ焼きと意外なほどにマッチしていてとても美味しかったです。このトッピングは、これから数奇な運命を辿ることになりますが、それはその後編でお話しします。

◯塩こんぶねぎマヨのキャッチコピーを創る

コンセプトの3要素を学んだ上で、それぞれの班で塩こんぶねぎマヨのコンセプトを考え、そしてキャッチコピー創りを行いました。

「塩こんぶねぎマヨ」に対する、最も優れたキャッチコピーとして選ばれたのが、「忙しいあなたに、ホッとするアットホーム」というキャッチコピーです。塩こんぶという素材を利用していることを生かして、忙しさから解放されて、一人で一息つきたいときに食べる、という食べ方を提案しています。


今回のこくりは、マーケティングの基本と商品コンセプトを学んだ上で、それをいかして、大学生が美味しいと思うトッピングの開発、そして大学生のペルソナが買いたいと思うキャッチコピーの作成を行いました。

では、このこくりで出されたアウトプットはどのように活かされていくのか、ということについては、「岳蛸×CoCre」その後編で触れていきます。こちらもどうぞご覧ください。
10402811_636613636466523_5455332286765510324_nDSC_0169